赤鬼亭のいつもの漂泊自転車

長年やってきた好きな自転車に関することを主に、彷徨いつつ漂うがごとくにグウタラ書き連ねています。

ミラノから北線に乗ってCANZO-ASSO駅に向かいました。日本じゃ詳細が分からなかった。行けば何とかなる(する)と決め打ち。ミラノのホテルでは実に懇切丁寧に教えてくれました。詳細地図、電車とバスの時刻表、教会堂とミュゼオの開閉情報、天気予報などみんな分かりました。もう行くだけ。ちょっと小雨模様。教会堂とミュゼオの見学鑑賞だからこの際天気はいっさい関係なし。

北線始発駅。発車時刻表・午前8時08分発の終点CANZO-ASSO行き通勤電車の折り返し。
DSC01798
終点
DSC01956 (1)
駅舎と駅前広場、バスの乗車券は駅舎一番端のキヨスクで購入します。ここのエスプレッソは秀逸。また飲みたい。
IMG_0876
このバスに乗ります。戻りも終点から折り返しでやってくるこのバスになる見込み。
IMG_0877

教会堂が見えてきました。その地点がまさにバス停。IMG_0892

教会堂の前まで小走り。嬉しいから。憧れたのはニューサイクリング誌上でみた50数年前。やっとやって来ました。まさかこの目で見る日が来るなんて、胸がいっぱいでした。
DSC01839

IMG_1806
ミュゼオ
DSC01942

まずは、ミラノ北駅からGHISLLOに着くまで。今夜から怒濤の15日間連続飲み会がスタートする。続きはずっと先になるか。


例えば景観写真の世界では、タイミングと使用機材とソフトのお陰で、玄人と素人の境界があやふやになってはいるけれど、こと「物」を捉えるとなるとプロの手腕と技術は凄い。とてもじゃないが太刀打ちできない。この自転車の写真。スタジオと屋外の違いだけではないことは容易に分かると思う。そう思いませんか。

素人写真
IMG_3592 - コピー

プロ撮影
73079407_239828183648871_7799695782323296575_nフルで





TOEI  シクロランドナー 32B
R0013489

グランボア(TOEI) 二ベックス 42B
R0011676

AlexSinger HURET LUXE TOURING 32B
003

SW・WATANABE(渡辺捷治製作所)CAMPAGNOLO NUOVO RECORD 23C
R0012135

SW・WATANABE デモンタ  CAMPAGNOLO NUOVO SUPER RECORD  26C
001.JPGppppppta

TOEI  HURET ALLVIT  38B
R0011091

ZEPHYR(TOEI)  HURET  ALLVIT 1Type    32B
魔物ゼファー石原

AKAONITEI・赤(FUTABA+SW・WATANABE)SIMPLEX  LJ1000  42B
R0010925

AKAONITEI・青(SW・WATANABE) SHIMANO DURA-ACE  26C
R0012188
赤鬼亭号2台

SW・WATANABE   CAMPAGNOLI CENTAUR   28C
。霞ヶ浦

TOEI    SIMPLEX  LJ4000  32B
R0012701.JPGrinkourirnri

TOEI    SIMPLEX  SLJ5500  36B
R0014500

BS・MOULTON
DSC00233

VOGUE  CAMPAGNOLO  VELOCE  28C
2013年1月20日 005



陶芸家 板谷波山 を創立者とする「東陶会」(1927年創立) の展示会に行ってまいりました。会場は日本橋小伝馬町の小津和紙本館ギャラリーです。親しい自転車仲間である大髙正希さんが東陶会のメンバーで、毎回案内をいただいています。
DSC02955 - コピー

DSC02954

今回は、いつもの作品展示以外に、特別企画として「あそび心のぐいのみ展」をやっており、大髙さんは自転車のヘッドラグを題材にした「ぐいのみ」を出されていました。これが、ランドナー(だけに限りませんが)と呼称される自転車好きの連中には堪えられないものであり、会場で待ち合わせた仲間のうち何人かは我が物としていました。
DSC02947
77073864_2572251792855347_8137192155069284352_o
71584951_2570446743035852_8894549048615239680_o

実際の自転車のヘッドラグはこれです。
DSC02024
この形を焼物にしたのですから大変でしたでしょう。大髙さんも苦労したとおっしゃっていました。東陶会展は今週30日土曜日まで開催されています。日本橋からも至近です。

大髙さんの主作品はこちらです。
DSC02950 - コピー

食が済んだら目の前の妻沼の聖天様です。正式山号は「妻沼聖天山 歓喜院」です。高校卒業まで足利に住んでおりましたので、通学自転車の丸石ヤングホリデーでよく遊び(中高生の感覚)に行ったものです。その頃は実に賑やかでした。太田の子育て呑龍様(義重山大光院新田寺)とハシゴしていましたが、本来の目的は熊谷駅近くの田島輪業さんにお邪魔することでした。田島のおじちゃん、おばちゃんはご健在でしょうか。もう半世紀以上経過してしまいました。懐かしさでいっぱいです。
DSC02931②
やけに真剣に子細に自転車たちを見ている方がいますね~
DSC02933②

4514275_2319992269_194large

DSC02934 - コピー

で、いよいよラットエンジニアリングさんです。
DSC02944

DSC02937②


4514275_2319992250_83large

4514275_2319992258_223large

IMG_3901
しかしマア、冒頭に記したとおりです。ラットエンジニアリング高橋さんの仕事はとてもじゃないですが、言葉や文章では表わせるものではありません。工房見学を受けいれてくださっています。機会がありましたら、イヤッ違う、その機会を作られてご覧になることをお勧めします。

妻沼からの帰路、利根川土手上からは(誰でも見分けられる山としては)赤城山、榛名山、浅間山、荒船山、両神山。子供の頃から馴染みのある山としては太田の金山、足利の大岩山、両崖山、山王山などの眺望を楽しみました。高曇りのお陰でした。

第4日曜日恒例のSLTMに参加してきました。今回のテーマは妻沼にある「ラットエンジニアリング」http://www5e.biglobe.ne.jp/~team-rat/ にお邪魔して、工房主の高橋さんのお話を伺うミニ遠征でありました。高橋さんのお仕事ぶりはブログを見ていただくに限ります。その一端を述べるのさえお手上げです。スゴイナ~ということです。言い尽くせないのです。
DSC02944

先ずは、雨模様のなか8時半までに「さきたま古墳公園」に集合です。守谷からだと一般道で2時間半から3時間弱かなと見当を付けていて6時に出発したら、途中圏央道を使ったせいもあるけれど、1時間半で着いてしまいました。一番乗りでした。自転車走りでは後塵を拝しているので、やる気を見せたということです。とうてい自慢にゃならない。定刻までに全員が集まってきました。今回の参加者は15名でした。出発前打ち合わせのさらに前、メンバーの淹れてくれる珈琲をいただきます。まだ小雨降る寒い時間帯ですから、ありがたい嬉しいことです。
DSC02916

一服済んで、今日の行程の細かな説明のあと古墳群の見学です。こんな天候のこんな時刻ですから、ほとんど人はおりません。古墳群中でもっと高い丸墓山古墳に登ります。歩いているところは、のぼうの城で有名になった忍城水攻めの際の堤跡です。攻城指揮を執った石田三成から「石田堤」跡と呼ばれています。このあと稲荷山古墳に上がりました。
DSC02918
なかなか前に進めないですね。とにかく弱くても雨は雨で、おまけに氷雨ですから走ろうという気がおきないのです。今の時期に風邪引きたくはありません。古墳公園の見学が済んだら次は「古代蓮の里」です。それも済んだら利根川を目指します。利根大堰に設けてある魚道の見学です。
DSC02922
DSC02921 - コピー
上から見た魚道は、地下に行くと真横から見ることが出来ます。先週は多かったらしいのですが、この日は1匹の魚影を見ただけでした。見学中に雨の懸念がなくなったので、このあと近くの見沼元圦公園に移動し、いよいよ自転車です。
DSC02923

DSC02924
上の写真の先にはグライダーのメッカ・妻沼滑空場があります。日本学生航空連盟に所属する各校の学生諸君はみなここで飛び立っているわけですね。
DSC02926

4514275_2319992305_100large⑩

いよいよ妻沼です。刀水橋の手前で土手上から市内に下りていきます。昼飯はあらかじめ予約してある妻沼名物「小林寿司店」の稲荷寿司です。
DSC02928
これを各自受け取って、折良く開いていた聖天様そばのお休み処で賑やかな昼食です。ちなみに土手の眺めのよいところか途中にある東屋を予定していたそうですが、濡れていて。使えませんでした。
IMG_3882

DSC02930
こちらのお休み処「めぬま館」は週末と祝日にしか開いていません。

第1弾の書き込みはこれにて一旦終了~続く~

これはハンドルバーエンドに差し込んで使うバックミラーです。横に付けるからサイドミラーかな。フランスの CYCLES BERTHOUD 製で、日本では京都のアイズバイシクルで扱っています。しっかりした作りで、重さは約50gほどです。この手のパーツとしては少し重い感じがします。各社からもっと軽いプラ製の製品がいっぱい出ていますが、旧パーツ好きな方には黒プラのチープな製品は嫌われる傾向があります。 
IMG_3873

ここ数年は自転車に乗りながらの後方確認に自信を失ってきておりました。若いときのようには首は回らず、視野も狭まっています。そんな事情もあり、これは確認出来てないなあと思えば躊躇うことなく自転車を止め、足を着いて振り向いて確認するようにしていました。単独走行ならばそうそう問題も生じないのですが、仲間と走っているときには列になっていますから、振り向いて僅かでもバランスを崩したり、急に止まるような愚をおかすとたちどころに迷惑が掛かります。危険でもあります。このミラーは万能ではありませんが、自分の後方の安全確認や仲間との距離を見るのに役立ちます。後方からの自動車等の接近も掴めます。今は無くてはちょっと困る、あるとそれなりに助かる、というものになっています。
IMG_3870

32464189_2319837577_174xgaサイド1

自転車関係の新製品を目にする機会は、サイクルショーやパーツ展示会などあり、面倒がらずに足を運ぶと便利なモノに出会うこともあります。まあ本音を言うと、私にとっては誰かしら仲間に会える、京都や名古屋の普段行けないお店のご主人にお会いできるということの理由で出かけているのですけどね。

都内へのお出かけです。まずは東博の正倉院展です。この週末で終了です。さしたる混雑もなく、見るべきものを見ることが出来ました。でも東京でやる各種展覧会は(言いたくないけれど、やっぱり言う)身勝手というか傍若無人の存在があって、鑑賞の気分が削がれます。今日も背の高い御仁たちが、展示品や映像の前列に立ち、背の低い方の鑑賞を妨げる場面を多数目撃しました。自分さえ良ければそれで良しとする風潮は何時からなのでしょうか。見たいものであっても、混むことが分かっている展覧会に出かけるのは今後は控えようと思っています。残念ですが。
74416554_1402308013251687_4469805171123159040_n正倉院

DSC02891

その後は日本橋に移動してコレド室町テラスの「誠品生活」、三越新館「イータリー」、小伝馬町「錦豊琳」で買い物をして、下谷に移って浅草鷲神社の「二の酉」です。
74667365_1402548049894350_7676448206951022592_n二の酉正面


76612192_1402548006561021_1834357081600163840_n二の酉①

Inked77104263_1402548023227686_3597517448112242688_n熊手_LI

神社で扱っている今年の熊手は、れいわ特製ということで、金色の紙を挟んで昨年のものより500円アップのものでした。金色の紙は不要なので、いつもと同じものをいただきたいと申し出たら、「今年はありません」と断られました。という事情で今回は熊手なしです。浅草橋の「大吉」に流れて牡蠣フライを食べようかという心づもりがあったのですが、歩き疲れと人混み疲れ(自分のせいもあるけれど)に音を上げてしまってあえなく帰宅と相成りました。リタイア以降、都内に出るのは自転車仲間や山仲間との酒、長い付き合いの自転車店への顔出し、トイレ協会のお手伝い以外は段々億劫になっています。

11月16日は荒川サイクルフリーマーケットに行ってまいりました。温々とした好天でした。梶原名人のところでブレーキパッドが必要なのでレバーごと、畏友RHさんのところで簡易工具といっても軽量タイヤレバーをそれぞれ破格値で購入しました。目を引いた自転車は、梶原さん作のナベラグEVEREST(非売品)でした。競輪プロユースで長~~いこと保管されていたものです。
32464189_2319560939_81small荒サイフリマ275412044_1399236463558842_6045064532366196736_o荒サイエバ


32464189_2319599359_158small荒サイフリマ72728030_1547350202069612_963381647191834624_n荒サイTOEI

で、帰路には懐かしのロータスヨーロッパスペシャル(JPS塗色ですね)を目にしました。進行方向が同じでしたので後を付いて曲がり、前のクルマがいなくなったところで、耳に心地よいエキゾーストノーストを響かせて見事な加速(激速ではない)で遠ざかって行ってしまいました。
32464189_2319624544_64smallロータスヨーロッパSP

そして今日です。隣町にある一言主神社の骨董市の日でしたので、昼からノンビリと走り出て、自転車に関するモノはないか、鬼に関するモノはないかと目を凝らしましたが、本日は空振りでありました。
骨董市

帰路にネッツトヨタなるディーラー前を通過中にハッとするクルマが目に入り寄り道。パブリカでありました。2代目の車体でした。パブリカは公募による命名で、パブリックカーから採った車名であると覚えています。外も車内も実に綺麗でした。オーナーが大切に乗っているのですね。自分の自転車もこうやって残っていけば嬉しいのですが、さてどうなるでしょうかねえ。
DSC02879走り
DSC02880背景つくば

32464189_2319637928_133xgaフロント

朝から気分の良い走りの日。長い付き合いの友人が隣町でやっている珈琲専門店に行ってみました。お店の名は「珈和」(常総市水海道)です。
32464189_2319398230_231xga珈和

こう言ってはなんだけど、鄙には希な(私にとって)美味い珈琲を飲ませてくれます。少し想い出をたどると、在りし日のカロッツェリア・オミノの小美野さんがこの界隈(茨城県南)には珈琲店がないというので教えた店です。あの彼が、飲んだ後にフッと口許に笑みを浮かべた店です。その当時は水海道市役所の直ぐ裏手にありました。それはそれとして、今や鄙のほうが、まともな味が残っているように思われてなりません。一番好きな珈琲は、足利にあるカフェ・ド・フルカワです。脱線しました。言うほどまともな味を知っている訳ではないです。

さて、昼頃から出たので大回りは出来ません。途中鬼怒川土手上道を通りました。川に面した土手ではなく、間に耕作地やグランドや駐車場を挟んだ内土手の上の道です。今度の台風は性悪です。時間が経っても痕跡どころではなく、つい数日前に襲来したかのようです。土手斜面の中腹の筋から下(色が変わっている部分)は濁流が置いていったものです。

32464189_2319398611_71large荒土手

自転車は視界が広がる。いろいろなモノが目に入る。気付きも多い。考えることも。

その前、珈和に向かうときにトップチューブのヘッド寄りになにやら黒いものがユラユラ動いていました。何かな?と思いつつも放置しておいての帰路、しばらく走り写真を撮るために自転車をとめて眺めると、ヘッドチューブの後のユラユラは蝶でした。フロントバッグはあるし、ヘッドチューブの後ですから走っていても風は当たりません。楽チンでしょうね。自転車の友人が「これこそ無賃蝶車」と旨いことを言いました。30km以上ココにとまっていました。家に戻ったところで我が家の狭い庭にヒラヒラと飛んでいきました。
32464189_2319401542_242xga蝶

↑このページのトップヘ